y バリ島留学 YAYASAN SIKI BALI
  • japan
  • english
  • indonesia

バリエステスクール

参加者の声

体験レポート

お祭りへ行こう

SIKI BALI ECO PROJECT

バリエステスクール

日本語教室のご案内

お問い合わせはこちらから

お問合せフォーム

(+62)81-3395-71738

(+62)82-1448-95820

(日本人直通)

月~金:09:00~20:00

土:09:00~12:00

学校見学随時受付
体験レッスン(60分¥1500)

滞在先を確実に手配 させて頂くためにも、 ご出発の1ヶ月前に お申し込みください。

お申込みフォーム

メディア掲載

平成17年フジサンケイ新聞。

平成23年ジャカルタ新聞

2011年12月バリTV放映

バイクの免許を取得する

1月18日、金曜日、晴れ

●持ち物●

パスポート / 日本の免許証 / 滞在先からの滞在証明書 /
取得費(Rp25万ルピア=約2,500円) / 健康診断費(2万5千ルピア=約250円)


AM8:00
スタッフのお迎え

AM8:30
ATMに寄ってもらい現金をおろす。
今回は、サヌールに住む友達も一緒に取得。
クロボカンのkantor polisiへ出発



AM9:00
約30分でkantor polisiに到着

まずは、1階の受付でパスポートと日本の免許証の
コピーを済ませ、

2階の外国人専用(?!)の待合室へ移動します。
今回は、私たちの他にオージーらしき外人さんが
2人いました。

ココで、必要書類を提出し、
すぐに健康診断をする為に部屋を移動します。
部屋にはお医者さんと思われる人と看護士さん。
血圧と色盲検査をし、2万5千ルピアを支払います。

AM9:40

また先ほどの部屋へ戻り、名前、滞在時の住所等、
何故か身長を記入し、
たまた何故か両親の名前を記入してサインをしたら
書類の完成です。
そこで25万ルピアを支払い、少々待ち時間です。

初めてインドネシアの免許を申請した人は
ここで簡単な筆記テストをうけることになるようです。
でもテストも担当官が殆ど答えを教えてくれるので、
形式上の無意味のテスト。

担当の署員が現れ、
次は1階の現地の人がたくさん待つ待合室へ。

コンピューターの調子が悪かったり、
申請者が多いと何時間も待たされることも
あるみたいですが、
今日は案外早く呼ばれて、
英語とインドネシア語を交えて、
書類の確認をしながらパソコンに登録されます。
次は、写真撮影(日本ではありえない笑顔の要求)と、
両手親指の指紋をとり、
再度、名前等の確認をしたら全ての作業の終了!!


AM10:00

ビックリするほどの速さで免許証の出来上がり!!

日本のように自動車学校に通って……
という事はないようです


あとは、学校のスタッフと乗る練習と慣れる(勇気?!)のみで、
バイクに乗れちゃうんです!!